トイレリフォームでトイレを交換しよう

トイレに不具合が起き始めていても、使わなければならないのがトイレです。しかし、突然本格的な不具合により使用できなくなる事も考えられます。
緊急修理である程度また使えるようになっても、配管などの経年劣化は良くなる事はありません。水漏れなどの不具合が頻繁に起こるようになってきたら、思い切って水道 評判の業者に頼んでトイレの交換を考えた方がよいでしょう。トイレリフォームをする際に気をつけたい点などをまとめてみました。

■トイレの交換で注意するポイント1

トイレリフォームの際に便器にこだわるのは当然ですが、壁や床など周りの空間デザインにこだわる方もいるでしょう。リフォームするのであれば、デザインも今までのものよりちょっとオシャレにしたいと考える人もいます。
材質なども他の空間と統一したり、また逆に一転違った基調のものにしようと無垢材などの木のぬくもりを感じられるものや複合フローリングなど見た目にもおしゃれなものをチョイスすることがあります。しかしここで注意したいのは、これらの素材は木材であるため基本的に水に弱いです。
どれだけ撥水加工を施しても数年後には床が黒ずんでしまったり、トイレ用の薬剤などを使用する事により変色や腐食などが発生する可能性があります。マットを敷いたり、こまめに清掃したりしても限界はありますので、そうした注意点も抑えておいた方がよいでしょう。

■トイレの交換で注意するポイント2

次に、広さに関わる問題です。トイレの交換をしたらスペースが狭くなったという話もよくあります。
トイレの空間は特に個人宅の場合は、人一人が若干余裕を持ってトイレに入れるぐらいのスペースでしか設計されません。公共施設やバリアフリーなどで特別な設計がされない限り、ほとんどその広さには大差ありません。便器だけとても豪華で大きめのものを設置してしまうと、スペースがとても狭くなってしまします。
ただでさえ動きづらいトイレのスペースが更に狭くなってしまい、不便に感じる事になります。リフォームの際には人間の動けるスペースにも気を配って交換をしたいものです。

■まとめ
トイレの交換の際は空間などの普段気にしないような部分まで配慮し、そのスペースや材質などにもこだわると後悔する事なく、長く使い続ける事ができます。トイレは狭すぎるととても使いづらく居心地の悪いものになってしまいます。
最近の便器はとても機能が豊富に付いており、少し大きいものもたくさん出てきています。便器のみ豪華にしても空間で失敗する事もありますので、数年後、十数年後を見据え、スペースに余裕を持った空間設計にしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ