トイレリフォームした便器の汚れについて

トイレで直接肌が触れる部分が便座で、便器はトイレにいる時間の居心地の良さを左右するものでもあります。自分にフィットしない便器は違和感があり、居心地も悪いです。
トイレは一日に何回も使用するものなので、自分に合った便器を選択することは重要です。一度取り替えてしまうとその後長い間取り替える事はありませんから、取り替える際には自分に合ったものをチョイスした方がよいでしょう。

■便器の気になる汚れ

トイレリフォームで便器を新しくしても掃除をしなければ、すぐに不衛生になってしまいます。便器は見た目で汚れが確認できなくても用を足した際に汚れが飛び散ったり、水垢がこびり付いたり、カビなどが繁殖することがあります。
これらの汚れは黒ずみと黄ばみに分かれ、黒ずみの方は水垢とカビが原因で発生します。お風呂でもよく発生するおなじみのカビで、水まわりには必ずこの黒ずみが発生します。
一方で黄ばみは尿が原因の汚れで、尿に含まれるカルシウムが結晶化した尿石が原因で発生します。尿石は水で流しても落ちづらく長年使用していると徐々に黄ばみが発生してきます。また目には見えない便器の裏側などにも飛散していますので、この辺も注意しておきましょう。

■便器の頑固な汚れの落とし方

主にトイレで発生する汚れは黒ずみと黄ばみですが、これは普通にこすっただけでは落とすことはできません。薬剤を使用してしっかりと落とす方法がありますが、黒ずみと黄ばみはどのように落としたらよいのでしょうか。まず頑固な黒ずみは塩素系のアルカリ性洗剤を使って落とすと効果的です。
こちらの洗剤には黒ずみの原因となる黒カビの菌や胞子を分解してカビに含まれるタンパク質を分解する働きがあります。非常に除菌効果があり、また効き始めが早いのですぐに黒カビが消えていくのが分かるでしょう。一方で黄ばみの方は普通のアルカリ性洗剤では落ちず、こすっても効果があまりありません。黄ばみの方は尿石が原因ですので、通常の汚れと違いアルカリ性の洗剤を使っても効果がないのです。
そのためこの黄ばみに一番効果があるのが酸性の洗剤です。酸性の洗剤を使えばアルカリ性の洗剤では落とすことができなかった黄ばみもすっきりと落としてくれます。このようにトイレには2種類の洗剤を使い分けるのが効果的です。

■まとめ
トイレリフォームでせっかくきれいな便器に変えたのに、掃除をサボっているとすぐにカビや細菌の温床になってしまいます。そのため見た目にはきれいで汚れていなくても定期的に掃除を行い、目に見えない細菌までやっつけるぐらいのイメージで掃除に取り組むとよいでしょう。
きれいなトイレは日常生活をとても気分の良いものにしてくれますので、カビなどを放置して不衛生にしないようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ